■プロフィール

こた

Author:こた
千葉県北西部在住

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カウンター
■ブログ内検索

■リンク
■参加コミュニティ
■フリーエリア



■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最低の観客
CIRQUE DU SOLEILの「ZED」を見てきた。
トライアル公演と呼ばれる、リハーサルに観客を入れて
最終の調整をしていく性質のものだったと思われる。

相変わらず人間離れした技を見せてくれる一方で、
「これだけなのか、この人たちは本当はもっとできるはず」と思う場面も多かったので、
本公演に期待したい。

しかしみんなどういうつもりで、何でも構わず拍手するのだろう。
同じCIRQUE DU SOLEILでも毎年お祭りのように
何とか娘が「何とかが来ます」とか宣伝しているような形態ならそれでもいいんだろう。
百歩譲って。
一都市での公演数は限られていて、
例えば日本での公演のために集められたアーティスト達は、
それが終われば解散していく。
だからそれぞれの公演、もしくはその中の場面のひとつひとつに
観客の反応があることは重要なんだと思う。

今回は違う。
その公演のために特別に作られた同じ劇場で、
わずかな修正はあろうとも同じ演目が延々繰り返されていく。
そういう状態のときに、ものすごいことにもそうではないことにも
同じ拍手と歓声が与えられたら、
やっている側は目指すところを見失う。
ほぼ毎日行われる公演でそんな反応が続いたらどうなるか。
やる側はどんどん、「ああこの程度でいいのか」と
パフォーマンスの質を落としていく。
世界中のすごい人たちを舞台の裏にも上にも集めても、
こんな環境ではいいものは育っていかない。
才能の無駄遣いもはなはだしい。
せっかくお金を払ってきたんだから盛り上がって帰りたい、
という気持ちも分からないではないが、
ただ盛大に拍手をして声援を送って
何度もカーテンコールに出てきてもらって心の交流があったなどと満足してはいけない。
この払ったお金に対して、どれだけのものを、あなたたちは見せるつもりなんですか、と
全身全霊で問いかけていくことだけが、本当の意志の疎通につながる。
これからどれだけすごいものを見せてもらえるようになっていくかは
観客のひとりひとりにかかっているのだけれど
そんなこと、誰も考えてないんだろうな。

だいたいこういう公演の場合には、まずはじめに無理をしてでも
世界で最高域に近い人々が集められるため、
開演直後頃よりも後々よくなっていくことはまずない、というのが通説。
その上彼らは独自の情報網を持っているから、
「あそこのショーは楽らしいよ」という感じで
後から来る人間は集まるだろう。
こんなくだらない観客の入る公演で成功だなんて言っても
その世界で通用するものではないから、
才能を持っている人ほど先に抜けていってしまうことにもなる。
この上なく情けなく、淋しい話だ。

私は本公演開幕(10/1)直後にもう一度、
見に行くことを決めているのだが、
もし興味があるなぁと思っている方には
上記のような理由でできるだけ早く見に行くことをお勧めする。


スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

その他 | 01:12:04 | Trackback(0) | Comments(10)
初合奏
室内楽団の練習に行ってきた。
合奏はすごく気持ちよくて、とっても楽しかった。
それに尽きる。


テーマ:チェロ - ジャンル:音楽

室内楽団 | 01:39:30 | Trackback(0) | Comments(4)
想像力
オリンピックを見ていて思うこと。

バレーボールの選手はもっと強いスパイクが打てるように、
空中で体の向きを変えられるように、
そういうことを考えながら背筋を鍛えるんだろう。

体操の選手はそれこそ基礎の基礎の技術をものにするために、
体中のいろいろな筋肉にここぞという瞬間に動くよう
指令を送るために訓練を積む。

同じことを何十回、何百回と繰り返し、
それが「できる」感覚を裏づけ、
実際に成功した感覚は体に蓄積されていく。

今そこで、最大限の力を発揮するとき、
その感覚が判断を超えたところで
体を動かすことがある。

見ていてすごいなぁと思う選手は、
その特徴となる動き以外でも無駄がない。
例えうまくいかなくても成功の感覚を想像力で補って
それを蓄積させていく。

自分の体が実際に経験したことだけが、
その人独自の情報になる。
それは誰からも与えられるものではないし、
誰にも盗まれることがない。


<練習>
・C線、G線の響きの確認。
 ピッチカートの響きをボーイングで再現する練習。
 どうしても弦の上で一瞬準備が必要。
 また太い弦が鳴らなくなってきた。

・4線を一回のボーイングで順に弾く。
 それぞれの弦の上での弓の重み、速さの違いを確認。
 発音を全部の弦で揃える練習。
 細い弦が鳴れば太い弦が鳴らず、
 太い弦が驚くほど鳴れば細い弦では耳障りな音が出る。

・Jeux d'eau CDと一緒に、ひとりで


テーマ:チェロ - ジャンル:音楽

チェロ練習 | 22:36:48 | Trackback(0) | Comments(7)
こだわってもいい こだわり過ぎない
前にも一度書いた、
チェロの音も入っているCDに合わせて演奏する練習方。
例えばCDからの音をイヤホンで聞いて自分の演奏を録音すると、
チェロだけで弾いているときよりはるかにいい音が出ている。
なのによしよしいい感じ、と思ってまたチェロだけで弾き出すと、
そのうち元に戻ってしまう。
気持ちよく弾くのが一番なんだよね、と漠然と思っていたけれど、
理由の一端が少し見えた気がする。

ひとりで弾こうとするとき、「型」が先行している。
基礎の本で見た写真を頭に浮かべ、以前に注意されたこと、
自分で気づいたことを思い出し、
「こうじゃなくちゃならない」という形を描きながら弾き始める。

CDと一緒に弾くとき、気持ちは「この音にできるだけ近い音を出すんだ」
ということに集中している。
親指が曲がっているかとか、中指の位置がどうとかなんて考えない。

それから好きな奏者がきれいな曲を弾いているビデオを見るのも効果的。
「あんなふうに弾くんだ。」そういうつもりで弾き始めるだけで
体も内面もいろいろなしがらみから自由になって
音と一緒に空中に漂っていくような気分で弾ける。

もちろん弱点、気に入らないところは修正する。
今までは「ここがまずい」というところを何度も躍起になって弾いていた。
それで解決する場合もある。
たいていはいくらやっても変わらない、という結果で終わる。

基礎は大事。
だけど本で見たこと、時として先生に習ったことですら、
「私にとって」最良の方法とは限らないんだろうと思う。

せっかくいつも分析まではしているのだからただ弾き続けるだけではなく、
その問題点を克服するための練習方法を
弾いている曲と一緒に練習の中に編みこんでいく必要がある。

ただ「次は上手に弾けますように」と願いながら弾いても
うまくいくとは限らない。
いざ曲を弾く、というときには、
それまでに繰り返してきたことが裏づけ程度になるくらい、
基礎をしっかり訓練する。
それには教則本だけでは、もしくは教則本から出された
課題だけこなしているのでは不十分だ。




<練習>
・ウェルナー1
 P.21 全音符音階
 P.28 練習曲 最後の2段
 P.34 1段目 ト長調音階四分音符

・Pachelbel Canon in D Major

・Jeux d'eau


テーマ:チェロ - ジャンル:音楽

チェロ練習 | 20:50:32 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。