FC2ブログ
 
■プロフィール

こた

Author:こた
千葉県北西部在住

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カウンター
■ブログ内検索

■リンク
■参加コミュニティ
■フリーエリア



■RSSフィード
想像力
オリンピックを見ていて思うこと。

バレーボールの選手はもっと強いスパイクが打てるように、
空中で体の向きを変えられるように、
そういうことを考えながら背筋を鍛えるんだろう。

体操の選手はそれこそ基礎の基礎の技術をものにするために、
体中のいろいろな筋肉にここぞという瞬間に動くよう
指令を送るために訓練を積む。

同じことを何十回、何百回と繰り返し、
それが「できる」感覚を裏づけ、
実際に成功した感覚は体に蓄積されていく。

今そこで、最大限の力を発揮するとき、
その感覚が判断を超えたところで
体を動かすことがある。

見ていてすごいなぁと思う選手は、
その特徴となる動き以外でも無駄がない。
例えうまくいかなくても成功の感覚を想像力で補って
それを蓄積させていく。

自分の体が実際に経験したことだけが、
その人独自の情報になる。
それは誰からも与えられるものではないし、
誰にも盗まれることがない。


<練習>
・C線、G線の響きの確認。
 ピッチカートの響きをボーイングで再現する練習。
 どうしても弦の上で一瞬準備が必要。
 また太い弦が鳴らなくなってきた。

・4線を一回のボーイングで順に弾く。
 それぞれの弦の上での弓の重み、速さの違いを確認。
 発音を全部の弦で揃える練習。
 細い弦が鳴れば太い弦が鳴らず、
 太い弦が驚くほど鳴れば細い弦では耳障りな音が出る。

・Jeux d'eau CDと一緒に、ひとりで


スポンサーサイト



テーマ:チェロ - ジャンル:音楽

チェロ練習 | 22:36:48 | Trackback(0) | Comments(7)