■プロフィール

こた

Author:こた
千葉県北西部在住

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カウンター
■ブログ内検索

■リンク
■参加コミュニティ
■フリーエリア



■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
久しぶりのレッスン
いくらレッスンに行っても、自分の技術も変わらないなら
言われることも変わらない。
その悪いところが分かっているけれど、解決するにはどうすればいいのでしょうと問えば、
「死ぬほど練習しないと身に付かない。」

練習をしていなかったのなら、練習しようと思うだろう。
しかし散々やった挙句のレッスンでそう言われるものだから、
出口の見えない迷宮に入り込んでしまったように感じる。
「練習はしてるけど出来るようにならないんだよ。」
そう思ってチェロが嫌になったこともあった。
レッスンもそんな調子なら、行っても仕方がないと思い中断。
練習もろくにしない時期が続いた。

毒づいたり、睨みつけたり、無視したり。
そしてしばらく距離を置いてみると、それが自然と恋しくなってくる。
そうして再び弾いてみると、あんなにかちんとくるばかりだった
先生の言葉に、ただただ深く頷くばかりになっていた。
要するに、そんなに簡単にできるようになることじゃないってこと。
道は遠いよ、それでもやるかい。
そんなふうに聞こえるようになってきた。
苦しいなら、それを苦しみ抜くしかないって時がある。
そしてそれを超えることでしか、見えてこないことがある。
楽器の練習って、きっとその繰り返し。

知らず知らずに焦っていた自分に気づき、それを制するような気持ちで練習再開。
レッスンで受け身になりがちだったのを、
具体的にこうしたときのこれを直したい、と積極的に訴える。
本当に全部、できることは試したのか。
前に言われたこと、ネットで得られる情報で改善できはしないか。
もうすべてがいや、みたいな状態からふるいにかけるように、
丁寧にこれができないのはこれのせいだと思う。
自分はこういう練習法を試しているがどうか。
とにかくここだけは何としても克服したい、そのためにはどうすればよいのか。
練習再開後、弾いていたのは音階と運弓ばかり。
課題が進まないから何だ、自分の出したい音を出せるようになることが先決なのだ。
そうやって先生の前で今出来ることをやってみて、
出来ないところに対して質問、教えを請う。
結果久しくなかったほど、実りのあるレッスンが出来た。


<音色>
弓を使い過ぎ。
高い弦と低い弦、また弓が指版寄りか駒よりか、で
使う弓の長さを変えること。

力を抜いて重みを乗せる。
弓を弦にこすりつけるのではなく、弓を弦の上に置いて、
後は力を抜いて弓を動かせば音は必ず出る。
「力抜いて、体重乗せて、はいっ」と先生に掛け声をかけていただくだけで、
「なるほど」となるくらい弦が振動した。


<発音>
低い弦の発音が遅いのは当然。
オーケストラでは一緒に第一音を出す場合、
ヴァイオリンよりチェロが、チェロよりコントラバスが、
少しだけ早く弓を動かし始めましょうと打ち合わせるのだそうだ。
そういうことなら早く弓を動かし始めればいいわけだ、
それが言うほど簡単ではないのだけれど。


<左手>
弓が移弦をすれば楽器に対する角度が変わるように、
押さえる指から出る力の矢印の角度も弦間で変える。

無理に1の指から4の指を押さえようとしてこわばってしまうくらいなら、
1つのポジションの中でも手全体の位置を移動させて手のいい形を保つ。

指の弦に触れる部分は先のところとは限らず、
できるだけ広いところ、肉のあるところを使う。
そうすると指が寝かし気味になり、他の弦に触れそうになる。
その辺りの加減を覚えるには15年かかる、とは先生の話。


<全体>
「手だけで弾いている」と言われて、ああもっと腕とか肩とかから
動かすってことですねと思ったら違った。
もっと体全体を使うのだそう。

右手と左手、どちらにも出てきた「重さをかける」「体重を乗せる」というのは
あながち例えというわけでもないようで。
右手で弓を動かすにしても、力は入れない分腕の重みをそのまま弓にかける。
C線などはそれでも足りないから、左足で楽器を裏から押す。
左手で押さえるにしても体重が乗りづらいのだから、
椅子から立ち上がるくらいのつもりでかける。
これを余計な力を入れずに出来るようにするのだ。
またしばらくは、音階と運弓ばかり練習していることになりそうだ。








スポンサーサイト

テーマ:チェロ - ジャンル:音楽

チェロレッスン | 00:20:58 | Trackback(0) | Comments(2)
合奏2回目
主となる曲はPachelbel Canon in D Major。
今日は初めてピアノとチェロ、第一、第二、そして第三ヴァイオリンが揃っての演奏。
とってもとってもとっても楽しかった、気持ちいいことこの上ない。
初めてじゃないのに合奏をするたびに興奮する。
学校の部活動のように頻繁に合わせられないのもまたひとつ、
刺激として悪いことじゃないのかもしれない。
いつも思う。
あのひとりぼっちの地味な練習なんか、報われた上おつりがくるよなって。
そしてもっともっとうまくなりたいって。


前回から改善できたこと:C線の音程取り
 Fに#がつくため人差し指と小指をいっぺんにおさえることができず
 親指の位置をそれぞれずらして、そのたびF#の後からの音程が
 いちかばちかと大変不安定になっていたのを、
 何とか人差し指と小指の間隔をいっぱいに開いて
 親指をずらさずF#直後のDの音程の精度が上がった。
 (まだ完璧ではないし、そこに限らず音程を外すこともある。)


引き続きの課題:発音
 音の出だしが曖昧で自分が出したい瞬間から音を出せていない。
 ぐだぐだしてせっかくの一体感に乗り遅れてしまう、
 非常にもったいない。


本日もM先生に監修にお越しいただき、弾くごとによくなっていくのを
実感できるのは嬉しかった。
楽曲は磨けば磨くほど、自分の中でどんどんと、際限もなく
輝きを増し続けていく。


私の持って行った秘密兵器をみなさんにも弾いていただいたのを思い出して、
みんな持ち楽器を入れ替えて、簡単な曲を演奏してみるのも
楽しいかも、と思った。
やりたいことが増えるばかり、楽しいな。


テーマ:チェロ - ジャンル:音楽

室内楽団 | 22:04:48 | Trackback(0) | Comments(22)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。