■プロフィール

こた

Author:こた
千葉県北西部在住

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カウンター
■ブログ内検索

■リンク
■参加コミュニティ
■フリーエリア



■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
<練習>
 ・やさしいチェロ入門 
  P.74 A線D線移弦
  P.75 G・D・A線の移弦
  P.89 ハ長調音階スラー
  P.94 喜びの歌
 ・ウェルナー1
  P.18 開放弦
  P.21 第一ポジション
 +井上陽水さんの少年時代(自作譜)

どうやら弓を持つ手に偏った力が入らなくなってきたようなので
さらに浅く持てるように挑戦。
そうすることによって手の内側にできた卵型の空間が膨らんで、
弓からの反動や腕からの動きがより伝わりやすくなるといいと思うからだ。

弓が手の中で滑らないときは、
指先では内側に向かって、曲げた間接からは外側に向かって
力の矢印が出ていて、
かつその両方向の力が均衡を保っている感じがする。
指先に弓が吸い付くようになった時は、
曲がっている指から外側に「張る」ような力を感じるから不思議だ。
そしてぴたっと、ここだ、と思える形で弓を持てたとき、
明らかに弦の響きが変わる。
とても大らかに、箱を中心に音が楕円形に広がっていくように鳴る。
たまらない。
「ど」がつくほどの素人でもこんなに恍惚となれるんだもの、
もっと弾けるようになったら一体どのくらいこの楽器に狂ってしまうんだろう。

弓道でも弦を引き矢をつがえるのを「手の内」と言って、
体の他の部分に負けずおとらず注意を払う必要があって
その技術を熟練させることは欠かせない。
毎日少しでもここだ、というところに近づくことができるように、
練習を続けていきたいと思う。


スポンサーサイト


テーマ:チェロ - ジャンル:音楽

チェロ練習 | 21:53:49 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-10-19 金 04:53:21 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。