■プロフィール

こた

Author:こた
千葉県北西部在住

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カウンター
■ブログ内検索

■リンク
■参加コミュニティ
■フリーエリア



■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
練習
 ・やさしいチェロ入門 
  P.74 A線D線移弦
  P.75 G・D・A線の移弦
  P.89 ハ長調音階スラー
  P.94 喜びの歌
   D線上のF#からはじまりほとんどの小節をひとつのスラーで弾く。
   スラーの最初の音以外がはっきり発音できなくて気に入らない。
   試しにたたくように弦を抑えると多少解消されたものの
   音が下がっていく(指を離していく)時はその方法も使えない。
   いくら繰り返してみても左手が疲れていくばかり。はぁ。
  
 ・ウェルナー1
  P.18 開放弦
  P.21 第一ポジション
   開放弦と左手で弦を抑えたときの響き方の違いが気になる。
   特にG線。
   弦を抑えると、開放しているときの半分くらいしか響かない。
   左手をものすごく強く、すごく軽く、中間くらい、と
   いろいろと強さを変えて抑えてみたものの
   これという解決策は見つからなかった。うーん。

 +井上陽水さんの少年時代(自作譜)

だいぶ弓を持つ指の力が抜けてきたみたいだと書いたけれど、
昨日練習を終えたら指が弓を持った形のままこわばっていたので
さらに指を脱力させるべく、たまに手を離してぷるぷると振り
持ち直すようにした。
それでも弓を持つときというのは普段使わない筋肉を使うようで、
練習の後は軽い筋肉痛のような感じになる。
こうやって徐々に必要な筋肉が鍛えられていくのかな。
そうだといいな。
スポンサーサイト


テーマ:チェロ - ジャンル:音楽

チェロ練習 | 19:50:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。