■プロフィール

こた

Author:こた
千葉県北西部在住

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カウンター
■ブログ内検索

■リンク
■参加コミュニティ
■フリーエリア



■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
<練習>
 ・やさしいチェロ入門 
  P.74 A線D線移弦
  P.75 G・D・A線の移弦
  P.89 ハ長調音階スラー
  P.94 喜びの歌
 ・ウェルナー1
  P.18 開放弦
  P.21 第一ポジション
 +井上陽水さんの少年時代(自作譜)


A線の響きを多少柔らかくすることに成功。
でも何が違うのかは分からない・・・。
A線の4番指(小指)でおさえたレの音がとてもよく響く。
箱の中で「これが自分の意図する音」と思える音が鳴る。
それ以外で気持ちいいのはG線の開放弦。
自分がチェロを弾いてるんだってじぃんとなる。

弓の持ち方はまだふらふらとさまよっているところ。
これ、という位置や力加減が一瞬よぎることはあっても、
音やその他のことに気をやると知らず知らずに力が入ってしまう。
そういうときは一度左手で弓を支えて持ち直し。
右手、左手とも特定の部分だけが痛くなることは減ってきたので、
これでも力が抜けてきているのだと思う。
スポンサーサイト


テーマ:チェロ - ジャンル:音楽

チェロ練習 | 23:31:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。