■プロフィール

こた

Author:こた
千葉県北西部在住

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カウンター
■ブログ内検索

■リンク
■参加コミュニティ
■フリーエリア



■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
打開策かな
しばらくの間、ここがいけない、あそこがきたない、と
批判ばかりを繰り返しながら練習してきた。
ただの音階でもきれいな音ならきれいなんだから、と
自分のふがいなさに注目して。
それは間違いじゃない。
けれどそんなことばかりしていたら、どんどん嫌になってくる。
いくら目標を定めてそこに向かって一生懸命やったところで、
飛躍的に悪いところが直るはずもないし。
練習しない期間があって再開したから、それでもやってこられたけど
ちょっと限界。
そこで、先生には絶対に勧められないであろう練習を久しぶりにしてみた。

それは大好きな曲をCDと一緒に演奏する、というもの。
チェロもしっかり入っているCD、それに合わせて弾く。
すっかり他の楽器と共演しているような気分で。
もちろんこんなことだけやっていても進歩はしないだろう。
引っかかるところ、弱点は基礎練習のときと同じで、
その部分は集中して何度もするしかないし、
基礎をしっかりとしていった方が、後で裾野が広がるように
演奏の幅が広くなる。
それでもなりきって、酔って演奏していると確実によくなることもある。
それは音。
単調な音階練習ではあれほどああでもないこうでもないとこだわっていたのが
難しく考えなくても深く響く。
むしろあれこれ気をもんで、緊張しない分自然に音が出るんだろう。

実は音にまったく変化がなくて、先生から
曲は弾かないようにしましょう、と言われていた。
曲を弾くレベルではないということで、
きらきら星程度の曲ですら、ずっと先送りになっている状態。
たとえただの音階練習でも表情をつけて弾くようにすると
音が変わっていくものだ、と言われて。
それは事実だろうと思うけど、気分が乗らないのもまた事実。
この音階で、うっとりするような音を出すんだ、と言い聞かせても
私にはそのやり方に限界がある。
チェロも入っているCDだから、当然自分の音だけが聞こえるわけではなくて
その分欠点も隠れて気分よく弾ける。
繰り返しになるがそればっかりしていたら、
欠点の克服をないがしろにすることになるだろう。
そうじゃなくてこの練習方法を、
気分を盛り上げるために並行して使えればと思う。
その上でその曲を弾くために改善すべき点、
習得の必要な技術を基礎練習で補っていく、という方が
私には向いている気がする。
どっちみち今までの方法では足踏み状態なんだから。

きれいな曲がたくさん入っていた、伴奏CD付きのあの楽譜、
今度買ってこようかな。

<練習>
・Juex d'eau
スポンサーサイト


チェロ練習 | 22:53:47 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
いいんじゃないすかぁ。。
いいんじゃないでしょうかw
たぶん、そうやって楽しみながら続けた方が上達も早いと思いますよ~w

基礎は基礎で、キッチリやりつつ。
色んな角度から楽しさを見つけましょうね~。

先生には内緒で♪
い~ひっひv-37
2008-07-09 水 02:11:29 | URL | オニギリ ジョー [編集]
うん♪楽器が手になじむ事でやすよね♪
とにかく、変な癖つこうが何しようが 楽器が手の延長線上になる事が 大切でやすよね。
そのうちに 少しずつ 分って来て あるいは、限界を感じた時に 癖を 矯正していくしかないでよすよね。

小生の場合は 音階を歌う処に来てやして どれだけ 奇麗な音を出すか、その出し方を発見する段階に入りやした。曲を弾く事より、基礎の徹底練習に変わって来やした。ここ数ヶ月でございますが…かなり疲れやす。1時間なんか連続練習でけしまへんねん。
でも やらんと 先が来ないのだけは 感じられる様になった訳でやす。
うんうん♪自然が一番♪ ねばなりませんちゅう事は ありやせんぜ、絶対に!
その時に やりたい事を どんどんやるべし。それが その時に 自分が求めてる 音楽の内容なんやねんなぁ♪
そない 思うんやね、この頃!
2008-07-09 水 17:05:00 | URL | bamaman [編集]
あっ、メールありあとあんした♪
楽譜ついてますよ。
取り敢えず、みときますんですぅ♪
2008-07-11 金 21:16:33 | URL | bamaman [編集]
オニギリさま
おだてられるとその気になるので、
自分でおだてながらしようかなって。

先生に内緒にしないといけないのが
ちょっと悲しいんですけどね。
レッスンのたびに、「まだこんなこともできるようになってないの」って
思っているだろうことがひしひしと伝わってくるんです。
いけないなと思いつつ、レッスンにはだから数か月行っていません。
落ち込むんだもん。
2008-07-11 金 22:51:54 | URL | こた [編集]
bamamanさま
一番自由になる楽器って自分の声ですよね。
この練習をすると、歌うのに一番近い感覚で演奏できるんです。
そこから気に入らないところに集中して基礎練習に戻った方が、
基礎だけやって弾けば弾くほど落ち込んでいくよりはいいかな、と。

音階を歌うのですね。
それはまさに先生が私に今課している試練です。
「これができなくてどうして曲でできるはずがあるの。」
頭で理解はできるけど、自分でどうしてもそれが必要とは
私の場合、思えていないんでしょうね。
単純な練習で、やってもやっても変化が感じられなくて、
これを越えた先、を思うより先に頭に血が上ってしまうのです。
こんなことやってられるかーっていらいらしてきます。
だめですね、そんなことじゃ。
2008-07-11 金 23:00:34 | URL | こた [編集]
bamamanさま
楽譜、分かりづらいところなどありましたらまたご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。
2008-07-11 金 23:14:52 | URL | こた [編集]
うん、バッハが良いとかじゃぁなくてさぁ…
クラシックは なんやかやと 結局は音階でできてやすよね。
バッハの無伴奏チェロソナタ第3番の何番目やったかなぁ?
♪ドゥゥシ♪ラソファミ♪レドソミ♪ソドォォ♪ォレミファ♪ソラシド…
ちゅうのんありやすよねぇ。(ああ、すんまへん。楽譜ないんで 小節の区切りがよう分らんもんで。)
あれも音階でやすよね。
ピアノの教則本でハノンてぇの、ご存知でやすか?
あれ、ほんまにたいくつで ♪ドミファソ♪ラソファミ♪レファソラ♪ラソファミ♪ミソラシ♪ドシラソ…
と一定の音型が1度づつ上がっていき、3オクターブ行った処で 同じ様に下っていくだけの 指のエクササイズなんでやすよ。

とっ、ところが 音型の最初の音を全音で伸ばして他の音を8分音符で重ねていくのでやす。
するとCのスケールが 現れて来るのでやす。他の7音は スケールの為の装飾音と聴こえるのでやす。
そう、わかりにくい スケールを ハノンは その時、歌として 小生の前に現れるのでやす。
最近、朝一でやる仕事は ピアノの一番下の音であるAから一番上の鍵盤Cまで 調を変え、全ての鍵盤を弾くのでやす。最初はピアノ自身の為の義務でやしたが、何週間か続けるうちに ”ああ、スケールてぇのは 奇麗だなぁ!”と思う様になりやした。
そいでもって もっと奇麗にスケールを歌ってあげたいなぁとね、思う様になりやした。
うん、それは ただ単に弾くという事ではなくて 【音色!】だったんでやすねぇ。

うん、無理するなかれ!
必要が 全てを決めるのやねんなぁ♪
2008-07-11 金 23:52:18 | URL | bamaman [編集]
bamamanさま
はい、クラシックは深みにはまればはまるほど、
音階の組み合わせだなと感じますね。
バレエを見ても、基礎の上にすべてが成り立っているのだなと思います。
どんな道を通っても、結局は音階や
ボーイングに行き着くんだろうなと思うんですよね。
大げさな話、すごく上手な人がすっ、と弓を動かしただけで
はっとするような音が出るんです。
それがあるから機械で作った音では感じない
感動を覚えるわけで。

なるほど、bamamanさんもただ実直に「音階をやろう」と思ったわけではなくて
そこに至る道筋があったわけですね。
自分ひとりで弾いていても、音を愛でるって大切なことですよね。
2008-07-12 土 23:47:46 | URL | こた [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。