■プロフィール

こた

Author:こた
千葉県北西部在住

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カウンター
■ブログ内検索

■リンク
■参加コミュニティ
■フリーエリア



■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
少しの変化
ときどき自分で「おっ」と思える音が出せることがあるようになった。
まだ偶然のようで安定しないけれど、
だんだんと力を入れずに弓を持つ、長い棒の一端を持って均衡を保つ感覚が
分かるようになってきた気がする。
人差し指の付け根の痛みも、以前ほどではなくなってきている。

弾いているうちに弓と指の接点がずれてくる。
それが弓を支えづらくなってある一定の部分に力が入るようになる原因のひとつ。
はじめ人差し指側に向かって傾斜していた指、手の甲が
小指側に傾いていき、
支点となるべき親指と中指から操る力が奪われてしまい
それを取り戻そうとするかのように人差し指に力が入る。

この弓が手の中でずれていく現象にはずっと頭を悩ませていて
解決方法が見つからないでいた。
一瞬の休みさえあれば、空中で軽く弓を弾ませるか
脚の上で支えて持ち直すことができるけれど、
弾き続けている間に元の位置へ戻すことができなかった。

それが最善の方法化は分からないけれど、
今日先弓から元弓に方向転換をするときの力の傾きを利用して
支点を人差し指側へ戻す感覚がつかめた。
もちろんそうやってずれていかないことが最終目標で
今日発見できたことは応急措置に過ぎない。



<課題点の経過>
・C線が響かない、弓が上ずってこすれる音がする
 -以前よりはよく、いつでもこすれる音がするということはなくなった。
  ・ひたすらに開放弦で弦を震わせた。
   弓の中心で振動の振れが一番大きくなるから、
   そのとき右手に伝わる感覚をよく覚えておいて
   それが弾き始めから終わりまで、
   だんだん長く続くように心がけた。

・C・G線の音の出だしが遅れる
 -弦がはじめから震えないことが要因のひとつであり
  それが多少なりとも軽減されてきたことによって
  この問題も改善されてきたように思う。

・音程の不安定さ
 -不思議なもので、だんだんとよくなってきている。
  単独で弾いて修正していくよりも、
  同じあてずっぽうでもやはり伴奏などと一緒に弾いた方が
  正確さが早く増す気がする。



<練習>
・ウェルナー1
 P.18 開放弦四分音符
 P.23 四分音符、八分音符ハ長調音階
 P.34 1段目 ト長調音階四分音符

・Pachelbel Canon in D Major

・Jeux d'eau

スポンサーサイト


テーマ:チェロ - ジャンル:音楽

チェロ練習 | 20:23:52 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
どんどん聞いちゃえ!
某もね、練習していますと色んな壁にぶち当たります。
あれこれ考えて、解決を図るんですけどね・・・
結局、手探りな状態です。合っているのかもわからない。。

一番大事なのは・・やっぱり己の努力だと思います。
でもね、もし、レッスンを受けているんでしたら先生に聞いちゃうのがいいと思うんです。
先生も多分同じような壁にぶち当たって・・乗り越えてきたのだろうと思うんですな。

こういう悩みがあるんです・・何故でしょう?
何に気をつけるべきか・・有効な練習方法は?
こういった悩みを汲み取ってさ、適切なアドバイスをいただける先生でしたら最高ですねぇ。


はぁ・・だからね某も月に1度でもいいからレッスンを受けたいんです。
聞きたい事が山のようですだぁよ。
2008-07-29 火 01:30:08 | URL | オニギリ ジョー [編集]
やはりコタ様は研熱心やと思うんやけど!?
凄いよね、チェックの集中度がさぁ!
こちらに 来てると なるほど練習量も大事なんやけど、ほんとは 集中力を高めた練習がええんやねぇ。
うん、小生は 大いに反省するのであった…

そうなんやろなぁ、ピアノてぇ 誰でも簡単に 音出せちゃうから それでお仕舞いになっちゃうんやねぇ。凄く問題なんやねぇ。
ピアノの鍵盤のタッチ…翻訳すると これが コタ様の今悩んでる事になるんやろねぇ?!
ほんま ピアノのタッチてぇのんが わからんねんなぁ。
これが 命なんやねん…多分ね。
頑張ろね♪18日、お会いするのを楽しみにしてますさけ♪
2008-07-30 水 19:03:18 | URL | bamaman [編集]
オニギリ ジョーさま
それが最近は先生に何を伺っても
「死ぬほど練習しなくちゃ身につかない」で終わってしまうんです。
たまにはこんな工夫をしてみたら、というご意見もいただけるのですが
たいがいが上の言葉なもので「そりゃそうだろうけどさ」と思うばかり。
私は逆にこれではレッスンに来ている意味があまりないな、という理由で
最近レッスンは取っていません。
決して口答えをしているつもりではないのですが
自分の意見も言うので生意気に感じられているのかもしれませんね。

楽器に限らず自分ができるようになってしまうと、
できなかったときのことや感覚って
結構あっさり忘れてしまうものなんですよね。
だから師弟間の意志の疎通は簡単ではないのかも。
それにしても同じ問題を長く抱えて悶々としているのは
いい気分ではないですね。
オニギリさんが早くレッスンを受けられますように。
2008-08-05 火 21:05:20 | URL | こた [編集]
bamamanさま
私の課題は継続ですよ。
飽きっぽいので自分を乗せながらしないとだめなんです。
最近は複数のことを同じ時期に進めることで
熱しやすく冷めやすい、を乗り越えています。

パーカッションをやっていた時期がありまして、
あれも叩けば音が出る楽器ばかりなのですけれど、
私はやっぱり、音色にこだわっていましたね。
ただ楽譜どおりに叩くだけじゃ、満足できなかったんでしょう。
トライアングルひとつにしたって
やっぱり出したい音というのがあるものなんです。

日々練習するのは、自分の好きな音、
気持ちいい音を探す旅を続けていくみたいだと思います。
景色がちっとも変わらない、と投げ出したくなる瞬間も
たくさんあるけれど、
それでも自分の足で進む以外に
景色を変える方法はありませんものね。
休んでも戻ってもいいから、
その道から降りることだけはないように、と思っています。

18日、私もとっても楽しみにしていますよ。
2008-08-05 火 21:18:14 | URL | こた [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。