■プロフィール

こた

Author:こた
千葉県北西部在住

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カウンター
■ブログ内検索

■リンク
■参加コミュニティ
■フリーエリア



■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最低の観客
CIRQUE DU SOLEILの「ZED」を見てきた。
トライアル公演と呼ばれる、リハーサルに観客を入れて
最終の調整をしていく性質のものだったと思われる。

相変わらず人間離れした技を見せてくれる一方で、
「これだけなのか、この人たちは本当はもっとできるはず」と思う場面も多かったので、
本公演に期待したい。

しかしみんなどういうつもりで、何でも構わず拍手するのだろう。
同じCIRQUE DU SOLEILでも毎年お祭りのように
何とか娘が「何とかが来ます」とか宣伝しているような形態ならそれでもいいんだろう。
百歩譲って。
一都市での公演数は限られていて、
例えば日本での公演のために集められたアーティスト達は、
それが終われば解散していく。
だからそれぞれの公演、もしくはその中の場面のひとつひとつに
観客の反応があることは重要なんだと思う。

今回は違う。
その公演のために特別に作られた同じ劇場で、
わずかな修正はあろうとも同じ演目が延々繰り返されていく。
そういう状態のときに、ものすごいことにもそうではないことにも
同じ拍手と歓声が与えられたら、
やっている側は目指すところを見失う。
ほぼ毎日行われる公演でそんな反応が続いたらどうなるか。
やる側はどんどん、「ああこの程度でいいのか」と
パフォーマンスの質を落としていく。
世界中のすごい人たちを舞台の裏にも上にも集めても、
こんな環境ではいいものは育っていかない。
才能の無駄遣いもはなはだしい。
せっかくお金を払ってきたんだから盛り上がって帰りたい、
という気持ちも分からないではないが、
ただ盛大に拍手をして声援を送って
何度もカーテンコールに出てきてもらって心の交流があったなどと満足してはいけない。
この払ったお金に対して、どれだけのものを、あなたたちは見せるつもりなんですか、と
全身全霊で問いかけていくことだけが、本当の意志の疎通につながる。
これからどれだけすごいものを見せてもらえるようになっていくかは
観客のひとりひとりにかかっているのだけれど
そんなこと、誰も考えてないんだろうな。

だいたいこういう公演の場合には、まずはじめに無理をしてでも
世界で最高域に近い人々が集められるため、
開演直後頃よりも後々よくなっていくことはまずない、というのが通説。
その上彼らは独自の情報網を持っているから、
「あそこのショーは楽らしいよ」という感じで
後から来る人間は集まるだろう。
こんなくだらない観客の入る公演で成功だなんて言っても
その世界で通用するものではないから、
才能を持っている人ほど先に抜けていってしまうことにもなる。
この上なく情けなく、淋しい話だ。

私は本公演開幕(10/1)直後にもう一度、
見に行くことを決めているのだが、
もし興味があるなぁと思っている方には
上記のような理由でできるだけ早く見に行くことをお勧めする。
スポンサーサイト


テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

その他 | 01:12:04 | Trackback(0) | Comments(10)
コメント
10年前に習っていたヴァイオリンの先生がね、

「良い演奏家は、まず良い聞き手でなくてはならない」
って、よく言ってました。

教わった事の大半は忘却の彼方ですけど、この言葉は心に残っていて・・先生はただ、人が演奏している時は静かに聴きなさいって意味で言ったのかもしれないけれど・・私は深い意味があるように感じましたんです。

お客の質は下がってきてるのでしょうね。
CIRQUE DU SOLEILみたく有名なものなら尚更・・。
歌舞伎とかは、結構、お客の目も肥えていて質が高いようですね。

もっとも、私はCIRQUE DU SOLEILなどといった、ショーを見たことがありませんので、行ったら大はしゃぎで、ただのバカ客になるでしょうな。
2008-08-30 土 07:33:55 | URL | オニギリ ジョー [編集]
オニギリ ジョーさま
心からどれもすごいと思っているなら構わないと思うんです。
ただ隣の人が叩いたから手を叩くとか、
普段の鬱憤を晴らすかのように所構わず声を上げるのって
はずかしいし、その場にいて気分が悪くなりました。
ffを出すにはppが必要ですよね。
実際これから本当の見せ場が来るのに今こんなに喝采しちゃって
どうするんだろう、ってことが何度もあって
案の定「ここ」っていうときに白けちゃうんです。
CIRQUE DU SOLEILは音楽でもそれを分かりやすく伝えてくれるので、
こういう種類のショーが初めてでもしばらくすれば分かるはずなんですよ、
「来る、来るね、来たー」って感じで。
そこで予想よりも盛り上がらないようであれば演出の間違いか
表現の技量不足。
子供でも分かって言葉も要らない単純なものなんです。
あの反応では資本に任せて良さも分からず何でも呼んで、なんて言われても
何も言えませんね。

お客の質が下がっているというか、豊かだといわれて久しいのに
この物の分からなさは何なんだろう、と思うわけです。
せっかく鎖国をやめても、外や他のものの良さを享受できないのではね。
嫌味で模倣が「上手」な民族と言われますが、
何を模するかを選び取る技術さえ持ち合わせていないんですね、
情けないです。

「良い演奏家は、まず良い聞き手でなくてはならない」
なるほどです。
いろんな意味にとれますね、私は良い演奏家は良い聞き手にしかなり得ない、
というふうに受け取りました。
例えば一流の表現者だけを観客席に集めて、一流の人たちが何でもいいから演ったら
普段とはまったく違う舞台になると思いませんか。

ちなみに「ZED」の音楽はヴァイオリンがおもに主旋律を取っています。
一番安い座席は7,800円、小さい劇場になっているのでそれなりに楽しめるかと。
2008-08-30 土 19:22:36 | URL | こた [編集]
あはw
熱いっすね!こたさん。

確かに、誰かが拍手したから取りあえずしとくかとか、ノリで歓声あげるみたいなとこありますよね。

でも結局、そういった行為が舞台の質を下げちゃってたりするんですね。
グルーヴ感というか一体感があるようで・・本当の一体感ではないのかな。

純粋な気持ちでさ鑑賞すればいいのにね。
子供みたいにさ。
そうすれば、素直で率直な反応になるし・・
何より、自分が一番楽しめると思うんだけど。

音楽もそうなんじゃないかなぁ。。

2008-08-31 日 00:22:37 | URL | オニギリ ジョー [編集]
なんだかようしらんのでやす?
これ、デズニーがらみの興行なんでやしょうか?
うん、なにやら 偽物ポイ感じを持つのは どうしてなんやろか??
錬金術てのが 浮かぶので有りやす。

音楽でも芸でも 基本はお布施やないやろか。
値がつくものは 値がつく範囲の代物なんやないやろか、とね…そないな 感じが あるんでやすよ。
日常の中に 音楽やら絵やら工芸やら芸やらが あっての事なんでないでしょかぁ???
つまり【豊かさ!】てぇ 奴がしっかりと根を生やしている…それが 大事なんで。
そやないと 皆色あせるし、切磋琢磨されへんし…

本当に ほんまもんの 面白い事は やれどやり尽くせぬ、寝られん位に工夫をこらし続け、限度のない…そう、未知への航海に 旅立つよな 感じなんやないやろか?!

プロもアマもない。
精神ちゅうのんわぁ そっただ事に帰依したものだけにやって来る、美の神からの ご褒美なんやないやろかぁ?!
とね、この天の破れた様な雨の道で なにやら 怪しげな気分で 空を見上げるのであった!
2008-08-31 日 01:39:38 | URL | bamaman [編集]
オニギリ ジョーさま ふたたび
好きなものなのでね。
とうとう日本でも常設で見られる、というのを
誰よりも待ち望んでいたので、
だからこそそれがみすみす、しかも急激に
すたれていってしまうのは見るに忍びないのです。
あれからあちこちブログなど読んで回っても皆さん、
感動して総立ちになったのか、総立ちに感動しているのかって
感じなんですよね、幼稚だなぁ。
盛り上げていたのはタダか安く座席を確保したのかもしれない
隣接テーマパークの外国人パフォーマーと、
悲しいかなすでに存在するようである「常連」と呼ばれる、
パフォーマーと個人的にお近づきになれるのが生きがいのような人々でしょう、
私の見た限りでは。
全部安い席に陣取っていました、歌舞伎の大向こうさんとは偉い違いですね。
素人目にも分かる「ここぞ」ってときに率先して盛り上げてくれるならいいのですが、
それが拍子抜けなんですから、目も当てられません。

ほんと、まさに音楽もそうですよね。
いいものはいい。
いくら良いものとされていようが、自分の気に入らなければそれまでなのであるし。
先入観のない子供と見るのがもしかしたら一番楽しいのかも。
2008-08-31 日 03:12:29 | URL | こた [編集]
bamamanさま
錬金術としてはうーんどうなんでしょう、
私には成功していくようには見えませんが。
協賛している企業があってまず出発でき、
しばらくはものめずらしさで集客をできるも、
場所が場所なこともあって短命に終わるか、
出資者まみれになって質を落としながらも
ほそぼそと続いていくか、というところでしょう。

中には「こ、こんなことまで」と言うようなすごい場面もありましたが
全体に目新しさに欠け、中には第一人者には断られたな、と
思わざるを得ない技術の低い演目もありました。
そうは言ってもそこに到達するまでの努力は並大抵のものでは
ないだろうと思える人々もいるし、
あそこの演奏家さんたちの安定感は素晴らしいものがあります。
(アクロバットに添う形で生演奏をしています。)
ただあのままでは値段を下げてもらわないことには
例えばbamamanさんのような人を引っ張っていく気には
私はなれないです。

そう、高望みかもしれないけれど、私は自分の住んでいる周りで、
いろいろなものが磨かれ、高められていくのを見たいのです。
進化を目の当たりにしたい。
この公演も、せっかく日本に来たのであれば逞しく育っていってほしい。
他の興行のように「他の国では通用しないから」とか
「日本でだったらこの程度でも安定して稼げるから」とかいう理由でしか
外から才能が集まらないのではね。
次の世代に指標となるようなものを見せてあげられないということでしょう。
演奏家にだってとりあえず金になるから年一回行っとけ、より
あそこでやるには相当の準備をしなければ、という意気込みで来てほしい。

ま、実際はその辺のところはもうだめなんだろうな、
と諦めかけているところがあるのですが
今回の場合はわりと海外にも伝わりやすい話なので、
また日本が価値も分からずに買ったよ、と笑われるのかと思うと
とっても恥ずかしいのです。
ゴッホにしてもディズニーにしてもヒップホップにしても、
本当に好きならとことんやったらいいんですけど、
自分の好きの基準を外の評価に頼っている感じがどうしても見て取れて、
単純に言うと何をしても喜ぶから、本当に喜ばせるためには
何をしてあげたらいいのかが分からないのです。

好みの最大公約数として流行があるのは否めませんが、
それこそ寝食を忘れるほど没頭できる何かがあるのであれば、
その人は私から見て、とても幸せと思えるんですよ。
2008-08-31 日 03:56:31 | URL | こた [編集]
はじめまして。
こたさんがご覧になったのは29日の公演でしょうか?
だとしたら私も同じ公演を見ていることになります。

最後にスタンディングオベーションが起きてましたが、その時に私も疑問を感じました。
「この内容で総立ちなのか?ちょっと評価が甘すぎるのでは?」
もちろん充分に凄い内容ですが、惜しみなく拍手を送れるとは言い切れませんよね。
改善するべき点はたくさんあると思いました。

それから、一部、異様にうるさい女性客の連中がいましたね。
自分達だけ騒いで周りを白けさせる、そういう人達にも困ったものです。
2008-08-31 日 23:38:46 | URL | かねだ [編集]
コタ様の…
こた様の文化論というか芸術論というか興行論というか、を興味深く読ませて頂いてます♪
随分と同感する部分があります。
そうそう、文化みたいなもの、興行みたいなもの…それを支える底盤が ひたすらお金しかなかったり、表層をさっとなでたブランド指向であったりで 哀しい限りのロウアーな日本の状態に だただた 呆れるのでございやす。
つまり、そこに 我々などが 付け入る隙が十二分にありそうでやすねぇ。(爆)
なんちゅうかぁ、自分の足で立っている事、そんな事がベースにあって…なんやかやと…そいでもって 共感とか感動がでけると 素晴らしい事でやすねぇ。
ちゃんとした批評ちゅうのが 文化を磨き上げるのであって そういう厳しい批判眼が 芸術家を育てる愛なのでありましょうなぁ。全くそうでありやすねぇ!
プロアマに限らず、優れたセンスや批評、批判眼のある方々と数多く交われる事を、そないな機会を これからいっぱい 作って行けたら良いなぁと 考える訳で有りやす。
2008-09-01 月 09:30:23 | URL | bamaman [編集]
かねださま ようこそ
はじめまして、書き込みありがとうございます。

私はかねださんの一週間前にあたる22日に参りました。
同じトライアウト公演の金曜日ということで
似たような状況であったろうと憶測します。

義理で拍手する必要もなければ慣例にならって立ち上がる必然性も
まったくないのに、異様な盛り上がりでした。
これは海外でも散々鑑賞した私の大好きな分野で
毎月でも行ける場所に劇場ができたことはとても嬉しく、
変わらず、いや改良されていく素晴らしいものを
ずっとずっと見続けたいという思いからこの記事を書きました。

かねださんのご指摘されたのは、おそらく個人的なファン
(誰が何と言おうとこのショーが好き、というのではなく、
 何々をしている誰々を名指しで好きで、ジャニーズや宝塚よりは
 簡単にお近づきになれ、出演者などと一緒にお食事できたりしてしまうことが
 生活の中心になっているような人々)でしょうね。
本当にその人のことが好きならおいそれと彼らの仕事の質を
落とす原因になるようなことはできないはずなのですが、
ここにいるほかの誰より自分は舞台の上のあの人に近い存在なのだということが
一番大切な人々にとっては、そんなことはどうでもいいのでしょう。
浅ましいことこの上ないです。
そして客席全体に、「たくさん拍手しなければ、つまらない観客だと思われてしまうかも。
ここは目いっぱいしておこう」と安易な馴れ合いで相手のやる気を引き出そうという、
偽の親近感が漂っていたように感じました。
本当に質の良いもの、すごいものを見せてもらおうと思ったら、
みなさんあんなに能力の限界に挑戦し続けているのですから、
そういうなあなあなことでは私はいけないと思うのですけれどね。

CIRQUE DU SOLEILでは私が見る限りすべての公演で、
一席が割り当てられている背の小さな子供には
ちゃんと見えるように座席に置くクッションが貸し出されます。
せめて彼らだけでも、素晴らしいものを等身大の評価で
心に残していってくれていたらいいなと思います。
2008-09-01 月 19:43:07 | URL | こた [編集]
bamamanさま
確かに、私たちの立っている場所というのは
まさに「付け入る部分」にあたるのかも知れませんね。
bamamanさんのおっしゃるとおり、自分の中にまず基準となるものがあって
それが外部と接したときにはじめて、心を動かされたり感銘を受けたり
できるのだろうと思います。
それには暮らしの中に、そういうものが入り込んでいないと難しいんですよね。

全然関係ないようですが同じ理由で、二十何時間テレビみたいなのには
疑問を抱かざるを得ません。
8月に平和について考えることにしても、しないよりはいいとは思いますが、
そこで一端したことで、自分はもう「したんだ」と完結してしまうのは
逆に恐ろしいことだと思うんです。
平和にしても、誰もが暮らしやすい社会にしても、
一朝一夕ではなし得ません。
お祭りのようにわーっとやって、また次の年にあぁそんなこともあったなと
思い出すのでは追いつかないのです。
細々とでも事実を知ることの輪を広めていくことが、遠回りのようでいて
実は一番確実で早い方法なのですが、
一般に芸術と呼ばれる事柄と同じで、
知らないうちに暮らしに寝食していく、というような変化を作るのは
やはり簡単なことではないんですよね。
そういう意味で、bamamanさんの姿勢はとても頼もしいものに映ります。
難しいけど、諦めるには早過ぎる、やめてしまうには好き過ぎる、
そんな感じで続けていけたらいいですよね。
2008-09-01 月 20:04:42 | URL | こた [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。