■プロフィール

こた

Author:こた
千葉県北西部在住

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カウンター
■ブログ内検索

■リンク
■参加コミュニティ
■フリーエリア



■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初お披露目
終わっちゃったな、あっという間だったな。

音程、音の出だし、
一番気になっていたところは結局安定させることができなかった。
練習中も、出来る時と出来ない時とがあって、
本番でたまたま出来る時に当たることもあるかもなんて
考えていたけれど甘かった。
弾いていて、そこのところは運任せのようになってきたから、
音色を良くすることだけ考えて弾いた。
いつもは私を包むみたいに聞こえてくるみんなの音が、
拡散して飛んでいってしまうのは、実は少し淋しかった。

それはそれとして、みんなでここまでまとめられたことが嬉しかった。
それぞれが家で練習をして、
合わせるときは指揮者がいるわけではないから
みんなで意見を出し合って、
それがああして形になった。
これは本当にすごいこと。

ご指導くださったM先生、
当日第3ヴァイオリンでご参加くださったS先生、
機会を下さり、当日までいろいろとお世話くださった関係者の皆様、
たまたま聴いてくださった方、
どうもありがとうございました。
私の隣で弾いていらしたS先生、
蝶々のようにふわふわと飛んでいきそうに、
とても可憐に演奏していらっしゃったなぁ。

もっとたくさんの人に、聴いてもらえるようになりたいと思った。
もっと聴きたいと思ってもらえるようになりたいと思った。
今度は弾いている仲間だけではなく、
聴いている人とも共有できるようになったら、
弾くことがきっともっと、楽しくなるだろうな。


初めてのお花。
どうもありがとう。

IMG_6675_s.jpg
スポンサーサイト


テーマ:チェロ - ジャンル:音楽

室内楽団 | 19:34:01 | Trackback(2) | Comments(28)
コメント
ひとつ終わったね
お花をかわいく飾ってくれてありがとうってあらりちゃんが言っていた。

コタさんはみんなを見ながら演奏してるんだね。

catmouseは周りをまったく見なかった。余裕がなかったんだ。見たのは最後だけ。客席がチラッと見えて「あ、やばい、こっち見てる」と思ったらあがっちゃった。

あらりちゃんが、「出だし、自信なさそうだった。後半持ち直した」って言ってたけど、そうなんだ。出だしがいつもまずいんでそろりとひいてしまった。これではまずい。下手ならよけい自信ある態度を、というのを思い出し、「私、うまいでしょう、いいでしょう」と思うことにしたんだけれど、絃の上で暴れ狂う弓を押さえるのにけんめいだったんだ。

あっというまにおわっちゃった。
今度の舞台はもっと広い。もっと孤立感を感じるんだろうか。
本番まであわせることができないので少し不安。

絃を3本ドミナントにかえたんだ。D線だけかえなかった。音が気に入っていたから。
E線を変える時、何度もやり直したら、いちども弾かないのに折れちゃってオシャカにしちゃった。今日、買いなおしにいったの。小田急ハルクの山野楽器より、経堂のヤマハのほうが安かった。
音は多少良くなったと思う。

でもあがらないですむにはどうしたらいいんだろう・・・
2008-10-20 月 21:04:06 | URL | catmouse [編集]
catmouseさま
本当に、始まってしまったらあっという間でしたね。

自分の出来ないこと、嫌いな音についてうじうじいらいらするのは
ひとりのときに十分やっているから、
一緒に弾けるときはそんなことよりも、
五感をくまなく使ってその瞬間瞬間に浸って酔っています。
音を聞くだけじゃなく表情なども見て、
ここは自信がないんだな、とかここはもっとこう弾きたいんだろうな、とか
考えながら弾くのもまた楽しいです。

今回は立てる場所が狭くてほぼ横一直線になってしまって、
catmouseさんやオニギリさんの方はなかなか見づらく
余計に淋しかったです。
次は半円に並べるといいですよね。
初めて四方の壁の遠いところで演奏して、
何だかひとつになっている感じが薄れたような気がしませんでしたか。
人に聴いてもらう時には、あんな物理条件になるのがほとんどなんですよね。
観客云々は別にして、人の迷惑にならない公園などあれば、
野外で練習というのもよさそうだなと思いました。
どんなに広い空間でも、「私たちの世界」を構築できるようになりたいものですね。

次回の当日は、集合から本番まで間がありますから、
ピアノさんは難しいとしても、ちょっとした場所を見つけては
ちょこちょこ部分的にでも合わせたらどうかなと思っています。
それぞれが確かめたいところを把握しておいて、
疲れてしまわない程度にぎりぎりまで合わせられたらと。

私は客席なんてまったく見られませんでしたよ。
ずっと皆さんの方を向いて弾いていました。
緊張は強さこそ違えど、いつも必ず発生するものなんじゃないでしょうか。
頭が真っ白になりそう、そのときに、あんなに何度も練習したから大丈夫、などと
内側から支える力が湧いてきたり、
緊張よりも演奏できる喜びや楽しい気持ちが大きくなったりして
結果的に意識しなかったというようになるのかなって
今回舞台に上がってみて思いました。
何より私たちはひとりでそこに立つのではないのだから、
補い合うことも支え合うこともできる。
もちろんひとりひとりが独立した上でね。
逆にひとりで弾くよりもっと、
その人の演奏を魅力的にすることもできるでしょう。
合奏ならではのそういういいところをもっと利用したら、
どんなに緊張しても隣を見れば、
ちょっとほっとできるんじゃないかな。

次回の舞台が余計に楽しみになってきました。
体も楽器も、絶好調で臨みたいですね。
2008-10-21 火 02:12:36 | URL | こた [編集]
22日
22日も目黒に行くことにしました。コタさんはどうですか?オニギリさんも来るそうです。藤原さんにはメールをしたところです。

当日は11時集合ですが、もっとはやくに行って区民会館の前庭(野外)でちょっと練習というのもいいかもね。
2008-10-21 火 08:10:03 | URL | catmouse [編集]
catmouseさま
22日は他に予定があり参加できません。
残念。
2008-10-21 火 20:06:43 | URL | こた [編集]
なんやろかねぇ?
みんな 独り独り 緊張感とプレッシャーの中に ぎりぎり押しつぶされない様にいたわけなんやね♪
今回ほんまにおもったんわぁ、潰れかかった時に 自分を立て直す事、その大事さを思いやしたねぇ。潰れかかった後に 落ち着きを取り戻して 倍返ししてやればええんすねぇ♪
なんやぁ、喧嘩と一緒やないけ!(笑)
最後は殴り倒せばええねん。←これは、もっと阿呆やねぇ…(爆)

さて、25日で取り敢えず 初陣を(一部の方除いて)果たした訳で有りやす。
何か、語りたい処ではありやすがね、記憶が新鮮な内にね…
誰か、生録していてもらうとええんやけどねぇ。

終わったら、それなりに 明日への糧を みつけやしょうね♪
まずは、全て 終わってから…うん、音楽の僕(しもべ)達よ。
2008-10-21 火 21:06:12 | URL | bamaman [編集]
bamamanさま
>潰れかかった時に 自分を立て直す事

まさにそうですね。
そしてそれはきっと、後ろ盾と言うか、そこまでの積み重ねと
あとは場数を踏んでおくことなのかなと感じました。
私は平常心を取り戻すために、音楽室での練習風景や
犬のことを思い描いたりしていました。
それでも自分を真ん中の、芯のところに連れ帰るまでには
至りませんでしたね。
これは今思いついたことですが、今回のbamamanさんのように
ひとりで人前で弾く機会を持つのもいいかもしれませんね。
どう考えてもひとりのときの方が、楽団で出るよりも
緊張すると思いませんか。
ま、それはそれで新たな試練ではありますが。
まずは25日ですね。
長い一日になりそうだ。
2008-10-21 火 21:25:41 | URL | こた [編集]
潰れかかった時に 自分を立て直す事 !
うん、そうなんやねぇ…
でさぁ、失った音ちゅうかぁ…そう、立て直した 自分の全知全能の一音で 印象を塗り替えるのやねん。
そういう気力ちゅうかぁ、…そういうのんを 養うとええんやろねぇ。

確かに ソロは 凄いよね。
自分しか居ない…忘れようが何しようが 次の音を出さないと終わらない。(爆)
誰も 変わりに弾いてくれへんねんなぁ。(大爆笑)

うん、孤独な作業…そして これ程 自己中心的な作業も無いんやねぇ。あはは…
でも 音楽はアンサンブルであれ、ソロであれ、自分の音…流れには影響されるけど…でも、自分の音。それっきゃぁないんでやすなぁ!

アンサンブルてさぁ、誰かが 乗って来ると 引きずられて 乗ってくやないですかぁ。
やばいと思ったら 自分なりに、自分のパートなりに ひっぱって行こうとするやないですかぁ。
でも、皆 自分の音で みんなと勝負する訳やなぁ。ま、勝負ちゅうのはへんなんやけどね。(笑)

こうやって 音楽空間ができあがっていくんよね。
そのうち 聴衆の感じも 判って来るんやないやろかねぇ?!

音楽てさぁ、こた様おっしゃる様に コミュニケートしてるんでやしょうねぇ?!

あ、そうそう、M先生から こた様への記念品預かってやす。
25日でも お持ちしやすよ♪

                                                      …どろん…
2008-10-21 火 23:31:25 | URL | bamaman [編集]
>音楽はアンサンブルであれ、ソロであれ、自分の音…流れには影響されるけど…でも、自分の音。それっきゃぁない

それが大前提だと思います。
アンサンブル以上(オーケストラなど)であれば自分の音を埋もれさせることもできる。
逆にひとりで弾いていないということは、そこに常に自分のもの以外の音も
あるということです。
どこまでも厳しくいくこともできるし、なあなあにもできてしまうんですよね。
bamamanさんのおっしゃるとおり、結局は自分の音、それだけ持って挑むのだと思います。

もちろん音楽も意志の伝達の一方法だと思っています。
無人島にひとりだったら弾かないのかと言われればそりゃ弾くんですけれど、
それでも自分の中にいる自分と、物質として存在している自分との間に、
行き交うものは生まれるでしょうね。
と言うより、自分の中で聞こえている音を具現化したくて弾いているので、
弾くこと自体が「こうかな、これでいいかな」「違う、もっとこうだ」と
交信をする行為になっています。
そこに第三者が存在するとなればそれはもうはっきりと、表現ということになりますね。
言葉ですべてが伝わるなら、日の光と影、雨音や動物の声に何も感じるものがないのなら、
映像や音楽は淘汰されてきたはずです。
それが太古の昔に発生して今もあるということは、必要があったということだろうと思います。
そして、自分にしか見えないもの、聞こえない音を自由自在に表現したいと思えば、
基礎を磨いていくしかないというところに立ち返るわけです。

あ、合奏をしているときはそんな大仰なことは考えていないですよ、
みんなで弾いているときはほとんどただ気持ちよくて楽しいだけです。
2008-10-23 木 18:05:01 | URL | こた [編集]
基礎を磨く!
そうやねぇ、そうなんやねぇ。
技術と感性は両輪なんやねぇ。
でさ、どっちに行く???
小生は ものごと10:0とか0:10とか5:5てぇのは あり得ない様な気ぃするんねんなぁ?!
でさぁ 技術:感性の比率なんやけど 6:4か4:6か、どっちで行くのか????
これ、凄げぇ 興味あるねん。

ま、どちらが正解なんちゅうのんは ないんやけどね、当然!
小生は 今の段階は 技術が未熟なんでぇ 4:6で 居直らざるを得ん訳やねん。(笑)
そう、俗に言う【音楽的説得力!】に掛けざるを得んのやねんなぁ。

ま、どっかで 逆転する様な気持ちで 行かな 先も見えちゃうんで 困っちゃうよ。
で、最後の音楽的目的はぁ 何かを訴えかける…うん、表現がちゃんとしてへんと あり得ないのやねぇ。うん、だども 最後の目的は やはり【訴えかける、例えば心情!】みたいなもんやないかなぁとね、漠然と思ってるんやね。そやねぇ、【祈り】とか【絶望】とか【いとおしさ】とか【喜び】とか…そう、生きる事への祈りに近い、死への敬虔な荘厳な気持ちとか…生きているというほんの一瞬の(良いも悪いもひっくるめての)発光現象。
どないな民族音楽でも 皆そうなんやろと思うのやねん。でぇ、だから皆 詩であって だからぁ 美しいのやねんなぁ♪

技術を凌駕して…悩む事も無く 音楽に精進する…早くそっただレベルに到達すると ええなぁと単純に思うのやけど…なんやぁ、それは【死!】やないですかぁ。(笑)
音楽でも 死ぬ迄 感情と技術と(決して対立はしてへんおやけどね。)の相克のなかに おるのやもしれへんし、そうした戦いみたいなもんが 生きてるちゅう事なのやもしれへんなぁ。
そないな事を ちょいと思った訳でやす♪v-16
2008-10-24 金 00:20:38 | URL | bamaman [編集]
オニギリは気力・体力・楽器すべて絶好調でございます。
明日が楽しみです。フフフ・・・。

こたさん言うように、半円で演奏しましょ。
私も前回は違和感を感じましたもの。

それでは、又明日(゚Д゚)ノ

2008-10-24 金 22:46:51 | URL | オニギリ ジョー [編集]
>民族音楽でも 皆そうなんやろと

ですね。
これはあくまでも私の感覚ですが、
ある「ここしかない」というところに身を置いていると、
表現は、必要があってするというより、
せざるを得ないという存在になるように思います。

>生きているというほんの一瞬

そういうものを表現しようとしたとき、
ただ自分の生き様や考えを単純に言葉にしたのでは、
きっと誰の耳も目も拒絶反応を起こすのではないでしょうか。
それを見てもらう、聞いてもらうために、
映像や音や、その他の表現の力を借りるのです。
求めるのは、共感・共鳴することで得られる充足なのですね。
ほら、そうやって言葉にすると、何だかとっても陳腐でしょう。

何:何かについては長くなりそうなのでまた改めて書きますね。
2008-10-26 日 21:39:34 | URL | こた [編集]
オニギリ ジョーさま
そういうことはメールででも宣言していただきたかったな。
そうしたら本番前に読んでお返事できたのに。
2008-10-26 日 22:14:33 | URL | こた [編集]
トラックバックさせていただきました
コタさんが黒猫に始めていらした日付を憶えていらっしゃいますか?
記録としてのこしておきたいと思っておりますんです。
2008-10-27 月 08:51:41 | URL | catmouse [編集]
catmouseさま
トラックバックありがとうございます、
こちらもさせていただきました。

ブログでは8月27日(水)夜中の1時台に初参加の「記事」を書いていますね。
その前一週間の間だと思いますが、どなたかご記憶ありますか。
4日前の23日が第4土曜日だからそこかな。
2008-10-28 火 16:08:46 | URL | こた [編集]
虹会に出たでしょう?
虹会が8月16日。その2日後、8月18日、コタさんはチェロを取りに来てますね。
すると、初回は8月16日でいいのかな?

そしたらカノンの事実上の編成は7月ではなく8月になるのかな。
8月だったんだ。7月じゃなくて。
マッキーはその後。9月24日に練習があって、その時が最初かな。
2008-10-28 火 16:38:49 | URL | catmouse [編集]
おぉ、よく覚えてましたね。
そうです、虹会のあった日が私の黒猫初参加日です。
チェロを取りに行った8月18日も、練習したのでしたっけ。

マッキーさんの初参加日はごめんなさい、
ちょうどいそがしい時期だったのであやふやです。

判明していることだけでも、googleのカレンダーに掲載しておきませんか。
今回の記事でcatmouseさんが書かれているような、いつどこで最初の頃の団員が
初顔合わせをしたとかいうこと。
これからのこともカレンダーに残しておけば、後で楽団遍歴を紹介するのにも役立ちそうだし、
後から入ってきた人もそこに名を連ねるって嬉しいんじゃないでしょうか。
2008-10-30 木 23:39:03 | URL | こた [編集]
カレンダーに書き込んでみました
カレンダーに過去歴、書き込んでみました。
ところで最近、音なしですね。
引越し作業でもしれるのかな。

15日はいかがですかねえ。
2008-11-05 水 09:42:42 | URL | catmouse [編集]
そうじゃ…
ビオラええでぇ~♪
もう、7回位触ってみやしたが ええなぁ…
うん、バイオリン供は めじゃありやせんぜ!
腱鞘炎治らへんちゅうかぁ、怖いんで ほんまヴィオラ奏者に転向しちゃおっかなぁ?!あはは…
2008-11-17 月 18:44:51 | URL | bamaman [編集]
catmouseさま

ご無沙汰です。
雑事の処理、ありがとうございます。
最初から記録を細かくとっておくと、
きっと後で見て楽しいですよね。
2008-11-24 月 23:07:51 | URL | こた [編集]
bamamanさま
ビオラ、思っていたより早く入手できたんですね。
そうですか、ヴァイオリンよりよいですか。
どのへんがかなぁ。
私にはどちらがよいかの判断はつけられません。
弦楽器も腱鞘炎はなりますよ。
最初なんだから、無駄な力を入れないようにしてくださいね。
2008-11-24 月 23:10:36 | URL | こた [編集]
29日
おー、天の岩戸が開いたぞ。
29日、黒猫練習やります。
bamamanさんはいません。
藤原さんもいません。
ですがよろしく。
2008-11-25 火 20:52:11 | URL | catmouse [編集]
FC2ブログ開設しました
catmouseもFC2ブログ開設しました。
よろしくね。
2008-12-02 火 21:41:02 | URL | catmouse [編集]
無駄な力…
明日、初レッスンでやすよ♪
さて、どうなるのか…
ピアノも あれ以来スランプに陥ってやす。
ま、年の1/4は こないなことでございやしょうね。あははは…

うん、元気かえ!
好きになさりませ。でぇ、いつでも おいでよね♪
いつでも 最大のかんげいでやすよ♪
でぇ、無理すんなよね。好きかてで ええねんなぁ…

あ、M先生の発表会の時の写真あずかってやすよ♪
気が向いた時にでもね♪
2008-12-05 金 01:11:24 | URL | bamaman [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-12-05 金 11:54:46 | | [編集]
2009年1月1日
新年のご挨拶に来ました。
あいかわらずお留守ですね。

「ぼくを置いてどこにもいかないでね」
というチッタとくらしているコタさん。
その笑い声が、黒猫ホムペにアップされている笑いと同じ声・・・

この家に帰ってくることはあるのかな・・・
2009-01-01 木 09:13:48 | URL | catmouse [編集]
新年おめでとうございます。
本年も宜しくお願い申しやす♪
2009-01-01 木 21:18:46 | URL | bamaman [編集]
明けました!
新年のご挨拶が遅くなりました (゚∇゚ ;)

姉さん今年はやりましょう!
待ってますv-41
2009-01-04 日 10:37:43 | URL | オニギリ ジョー [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-15 木 17:41:19 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

黒猫音楽隊、ファーストコンサート
 25日の演奏会の日、あらりちゃんはこんな花束を5つ持って応援に来てくれた   世田谷はその日、幕末維新祭りだった。 世田谷線・松陰神社前の駅を降りると、商店街のスピーカーからは、ピーヒャラ ドンドンドン、というかつての官軍の行進曲が流れていた。  この日... 2008-10-27 Mon 08:43:08 | 3次元紀行
-
管理人の承認後に表示されます2012-11-23 Fri 00:08:29 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。