■プロフィール

こた

Author:こた
千葉県北西部在住

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カウンター
■ブログ内検索

■リンク
■参加コミュニティ
■フリーエリア



■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
映画「レッド ヴァイオリン」を久し振りに見た。
音楽の趣味にわりと共通するところのある友人が
しきりにサウンドトラックのことを口にしていたので
今回は後ろに流れる音楽を中心にして見てみる。
コンポーザーはジョン・コリリアーノ(John Corigliano)。
迷走するような主題。
翻弄される宿命の楽器が主人公だからそうなるんだろうけど、
ぎりぎりで私の好みからは外れたという感じ。
言い換えれば、いいけどCDを買って単独で聴くほどではないという程度。
同じように悩ましい感じでもマイケル・ナイマン(Michael Nyman)は
結構好きなんだけどな。
ヴァイオリン作りをイタリア・クレモナで学ぶことを志して
イタリア語を勉強したこともある私にとっては
工房の場面や、作りかけの楽器たちがたまらない。
少年たちが揃ってヴァイオリンを演奏する場面も好き。
考えたらヴァイオリンってオーケストラの中にはたくさんある楽器だけど、
合唱みたいにヴァイオリンだけで演奏されるのを見る機会は少ない。
どうやらこの映画のコンポーザーが新しいショーの音楽監督をするらしい(前出の友人談)。
生のパフォーマンスには目のない私なので、これにはちょっと期待している。
映画総評としては話があちこち過去未来飛ぶので私には追うのが大変だったのと、
せっかく世界各地で撮影をしたなら、もっといろんな場所や町並みを写して欲しかった。
それでもラストは衝撃的。
あまり期待しないで、一度くらい見てみる価値はあるかも。

スポンサーサイト


テーマ:映画音楽 - ジャンル:音楽

音楽 | 03:14:15 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
「レッドヴァイオリン」観ましたよー。
私はけっこう好きな映画です。
1つひとつの場面が、今思い出してもはっきりと
思い出す事ができます。
とはいっても、イタリアからウィーン、中国
そしてニューヨーク。
あとは。。。どこだっけ?
って程度だけど。
もう一度観てみようっと。
確かに音楽はCDを買う程ではなかったような。
それにしても、こたさん。
クレモナにヴァイオリン職人目指してなんてすごい!
日本人の職人さんのドキュメンタリーをテレビで見ました。
職人さんはステキです。
染料だかニスだかの分量やらなにやら
すごいこだわりv-405
映画といえば
「デュ・プレ」は観ましたか?
あまり好きではない映画だけど。。。
ロストロポーヴィチの映画もありましたよね。
これはまだ観て居ません。
ドキュメンタリーらしいですね。
政治的背景色の強い映画なのかしら?
こたさん、観ましたか?

2007-10-19 金 22:25:31 | URL | モニ母 [編集]
レッドヴァイオリン、最後を見るとまたはじめから見たくなりませんか。
工房でひとりヴァイオリンを前に座っている姿が
そうだったのかー、って。
宿命とか運命というものを感じずにはいられません。

職人は目指していただけでならなかったわけで
すごいことなんて何にもありません。
私が目指していた当時(10年ほど前)は在日大使館で
年に日本から何人、と人数を制限していた以外
外国人にも工房学校の門が開かれていて
壁はイタリア語と費用だけ。
すばらしいと感じました。
コモ湖のほとりに住むことを夢見ていたのですよ。
なぜあきらめてしまったのがは忘れちゃったのですけど。
ヴァイオリン属の楽器は古い時代にすでに完成された今の姿になっていて
その技法が脈々と受け継がれているところに魅力を感じます。
ただ残念ながら現在はもう良い木が育たないので
古い建物を取り壊した際に出る木を材料として使ったりするそうです。
それに科学がこれだけ発達した今でも、
ストラディヴァリ時代以上のニスを調合できないのですって。
だからもう何百年も作り続けられているのにもかかわらず
古楽器にまさる名器が生まれる可能性はとても少ないみたい。
不思議ですよね。

ロストロボーヴィッチさんは今年のはじめまではご存命だったんですよね。
チェロと一緒に産まれてきたのではないかと思うような
これぞチェロ、という音色をとても自然に弾かれます。
映画のこと、調べてまわったけれどまだDVDにはなっていないのかな。
確かに政治はどうしても絡んでくることにはなりそうだけれど
ぜひ見たいと思っています。

ヴァイオリンを弾いたりやめたりだらだらしたうえ諦めて、
チェロに転向したくせに、実はクラシック、あんまり詳しくないんです・・・。
「デュ・プレ」もはじめて聞きました。
あらすじを見ると結構壮絶な人生のようですね。
今はチェロと名のつくものなんでも吸収したいので
これもぜひ見てみたいと思います。

こういった訃報を耳にするたび、同じ時代に生きている演奏家に
もっと生で触れなければという思いにかられます。
モニ母さんは長くクラシックを聞いていらっしゃるようなので
おすすめなどまたいろいろ教えてくださいね。
音楽の話ができる人と出会えるのはとても嬉しいことです。
月並みだけどヨー・ヨー・マ、来日したら聞きに行くぞ。
2007-10-20 土 01:29:08 | URL | こた [編集]
アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

2007-11-15 木 15:51:48 | URL | みんな の プロフィール [編集]
★みんなのプロフィールさん ようこそ★

ご訪問ありがとうございます。
のちほどゆっくり読ませていただきます。
2007-11-19 月 22:04:26 | URL | こた [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。